話してるのは?ふたりには見える誰か

今日も 暑いですね 仙台も 気温は32度 昼間の外出は 肉球を 火傷しちゃいそうな 危険なレベルの 暑さです   わたしも ハルトも クーラーのきいた お部屋で まったり ゆっくり しています わたしは すやすやちゅう ・・・  ハルトは 窓辺で 何かを ずっと 見ています 風に揺れてる 木の枝かな?    んっ? 動く何かを 見てるの? 虫さん? 鳥さん? いや 誰もいないよ ・・・  しかも 小さく 何か話しかけてます ・・・ ハルト 何? 誰か 見えるの?  すごく 真剣な すごく 優しい まなざしです ・・・ でも 視線の先は 青空と白い雲 だけ ・・・ ハ 「 ・・・ ・・・ ・・・  」 ( ももも ハルトも 時々 誰かと 話してることあるんですよね 私たちには見えてないけど ふたりには見える 誰かと ・・・ お盆も近いしね ・・・ た ) ・・・と こんな ハルトの横顔を見てたら 浮かんだので  すっごく ひさしぶりに 一句 詠みます  「 夏雲に 誰を想うや 白いハル 」 

続きを読む

お庭の栗が消える…謎の音が聞こえるよ

今日の最低気温は とうとう8度 窓ガラスに「 結露 」が できてました ちょっと寒くって 毛布にくるまって ウトウトしてた 深夜2時ごろのことです 裏庭の方で ガサガサ ガサガサ 謎の音が・・・ たっちゃん ねえねえ 何か 聞こえない? お耳 ぴーーーんと立ててます もう じっとしてられないわ お部屋を出て 階段の上から 様子をうかがっています ねえ たっちゃん 見に行ってみてよ・・・ 頼んでみたけど こわいから やーよ って 2階の窓から ライと当てて 裏庭を見てみたけど 誰も いなかったね・・・ オウチに 戻ったけど 気になるなあ クマさんかなあ タヌキくんかなあ  今年 庭の「 栗 」はイガを残して 中身は ほぼからっぽ キノコの「 はたけしめじ 」も 出てきてるはずなのに消えてます やっぱり 誰かが 食べてるとしか・・・ 木の実も きのこも 山では不作で  みんなが 里に降りてきてるっていうのは ほんとなのかもしれないね 「 秋の夜 消える山栗 謎の音 」 あれっ 俳句みたい・・・?  

続きを読む

久々の俳句「ゆりの香り」と「カナカナ」と

 連日 暑っ・・・1週間ぶりです ごめんなさい  たっちゃんも わたしも 夏バテで へろへろ・・・  夏は これからが本番というのにね    日向に見えるけど クーラーの風 あたってっまあす  暑さ対策で お散歩は 早朝5時ごろ   出勤前の きんちゃんと ふたり ゆっくりゆっくりです  久々の俳句とともに ・・・    長い のぼり坂を がんばって歩きます  はあはあ 笑顔になっちゃいます    早朝だというのに ひぐらしさんの声が   緑の間から 押し寄せてくるようです            「 カナカナに 背中押されて みどり坂 」    「 やまゆり 」さん いっぱい (風にゆれてブレブレ)  散歩道の 公園の一角   あたりには 甘いニオイが あふれています  ゆりの お花の香りを かぐと  ゆりが大好きだった おじいちゃんのことを  きんちゃん 思い出すんだって             「 ゆりの香に じいじの横顔 揺れている 」  ほかにも・・・道端には・・・    「 くず 」のお花も たくさん咲いてます  紫色が 夏の日に映えて きれいです  根っこほったら「 くず粉 」採れるんだねぇ・・・って  「 くず餅 」食べたくなっちゃった    東京・亀戸天神さん近くの「 船橋屋 」さんのが   美味しいよね きんちゃんの実家 この辺だったもんね  えっ? 結局 花よりだんご…

続きを読む

新川を望むハイタカの丘へ…久々に一句

 先日 とうとうやっきました  マイナス1.5度 霜が降りました   車のフロントガラス きんちゃんが霜取りブラシでガリガリ  早朝の庭に 響きました・・・  あたりの紅葉は すっかり赤や黄色に なっています  ・・・雨降りの休日 きんちゃんとのお散歩は   レインコートで お出かけです    あたりも 黄色に染まっています            千尋橋からの眺めも・・・    葉っぱや 木々も 雨に濡れて ますます色濃く見えます            公園の やまもみじ 赤に ピンクに オレンジ      なんだか かわいいね    お手手のような もみじの葉っぱは 金色に輝いてます  この日は 橋を渡らず 「 ハイタカの丘 」に向かって  上っていきました            「 葉っぱ道 走る私も だいだいろ 」      ひさびさの 1句です    遠く「新川川」の流れも望めます目  以前 この丘のてっぺんの 電柱の上で  「 ハイタカ 」さんが羽を休めていたのを 見てから  「 ハイタカの丘 」って またまた たっちゃん勝手に命名  ( ハイタカの写真は また後日カメラ・・・)  この 美しい紅葉の眺めも あとわずか  出来るだけ 写真いっぱいで まだまだ  お届けしていきたいと 思います   ・・・あっ    「 舟和 」さんの 芋ようかんと あんこ玉です  これ…

続きを読む

「パブロフさん」を越えた犬?

     わたし お出かけの時 車の中で ひとりで待つのが嫌いです      ひとりにされたら不安になるし 子供とか 変なおじちゃんとか      近づいてくるなんてこともあるし・・・      それを わかってるから       きんちゃん たっちゃんが 同時に車を離れることは      ほぼ ありません      でも 去年 法事で 栃木の お寺に行った時のこと      静かで ほかに 車も人もいない境内だったので      いい子で待ってたんですよ      でも 少しして お経が聞こえてきて 急にさびしくなって…            「 ぱああん ぱぱぱああん 」      この 音が聞こえた時 ふたりは 最初どこから聞こえるのか      わからなかったそうです そりゃあそうですよね      だって 車には わたししかいなかったのに      そんな風に クラクションが 鳴るわけがない      でも しばらくすると また 「 ぱあああん 」      まさかって あわてて車に戻ると・・・            とびきりの         わたしが ハンドルに 手を乗せて 「 ぱぱん 」と      笑顔で 呼んでいたわけです      そうです わたし さびしくなると クラクションを鳴らすんです      偶然? いえいえ その後も どうやったら 鳴るのかを覚えて      ふたりが ちょっとでも 車を離れると ぱぱんと…

続きを読む

読み終わったらポチッと応援よろしくです
にほんブログ村
柴犬ランキングは こちら!     
たま~に つぶやいてます☆ KIMG2468~2.JPG