2016年11月21日

紅葉の松島「扇谷と瑞巌寺」

「 塩竈 」をあとにした みんなは
どこに 行ったの?・・・

PAP_6306.JPG
わたしは オウチで うとうと お昼寝中・・・
まつげ 長いでしょ?・・・って ごめん ごめん 次 紹介しなきゃね

紅葉が ちょうど綺麗って 「 松島 」に行ったのよねえ

PAP_6267.JPG
松島 「 四大観 」のひとつ「 扇谷 」( おうぎだに )からの眺めです
こんな見事な 松島が一望できるのに 観光客も少ない 穴場なんだって 

PAP_6263.JPG
ひっそりとたたずむ 藩主の「 茶亭跡 」に 美しい もみじだね

PAP_6266.JPG
あたりは 真っ赤に 染まっています

PAP_6264.JPG
見上げると 日に透けた もみじが ほんとに 見事だね 

さてと・・・「 扇谷 」から 海岸沿いを走って ・・・
「 松島 」に来たら ここには必ず 行かないと

PAP_6269.JPG
「 瑞巌寺 」本堂です 大きな お屋根でしょう

PAP_6271.JPG
入り口で みんなを迎えてくれる「 臥龍梅 」( がりゅうばい )

「 伊達政宗 」さんが 朝鮮出兵の時 鉢植えにして持ち帰って植えたの・・・
春に 門の両側に それぞれ 紅梅・白梅が咲き誇る姿は 綺麗なんだよねえ

PAP_6270.JPG
「 庫裡 」は お寺の お台所・・・なのに 唐草や花肘木の彫刻が
施されていて 政宗さんの 美意識の高さなんだねえ 

「 瑞巌寺 」は いま
2018年まで 10年の月日をかけて 大修理中なのですが
本堂は 修理が ほぼ完了して 創建当時の姿に・・・
金地のふすま絵が 見事で たっちゃんは 毎回見とれてしまうんだって
塩害いの杉並木は まだ工事中なので 残念ですが あと少しだね
そうそう 瑞巌寺さんに行ったら 必ず購入するものが あるんだよね

PAP_6268.JPG
「 瑞松 」という名前の お線香です 

ばあばが この香りが好きで 我が家では いつも使っています
優しくて お心が なごむ 香りなんだよね・・・
お寺の中を歩いていても この香りが 漂っているんだって
華やかな香りがお好きなら「 青龍 」という お線香も おすすめです

あっ 「 宝物殿 」も ぜひ 見て行ってね
伊達家 歴代藩主の絵や 茶器 実筆のお手紙や 掛け軸
鎧や甲冑 脇差 などなど・・・歴女さんたちなら間違いなくツボです 

「 瑞巌寺 」を出たら ちょうど ティータイム 次は・・・
misakiちゃん 一押しの カフェで 美味しい お茶いただきますか
 
  

posted by momo at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444196363

この記事へのトラックバック
読み終わったらポチッと応援よろしくです